脳卒中の前兆が起きる前に考えよう!

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

わずか2時間程度の検査で脳卒中の
急性期を迎えずに済むのです。

普段、風邪を引いた時くらいしか病院に行く
機会のない方は分からないかもしれませんね。

前兆が起きてから病院に行こうかな
ではリスクが大きすぎるのです。

脳卒中の前兆を迎えたらもちろん
病院に素早くいくことが必要になります。

ここで如何に早く医療機関に行くことができるかで
救命や回復をはかるポイントとなってくるのです。

救命や回復を考え無くて良い今のうちに脳ドックで
脳卒中を予防しなければいけないのです。

TIAは見逃さない方が脳梗塞の発症予防になります

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

最初に大前提ですが、TIAを経験して病院に
行くよりも、今すぐ脳ドックで予め脳卒中を
予防することをお勧めします。

TIAは一過性脳虚血発作を示します。

この一過性脳虚血発作は、一時的なもので
症状の長さも24時間以内と言われています。

多くの場合、短ければ数分で症状が消えるため
様子を見ようで片づけてしまう方が多いのです。

しかし、このTIAを経験した方のうち30%~40%の
方が本格的な脳梗塞を発症しているので、TIAは
見逃さずこの段階でできるだけ早く
脳の状態を見てもらいましょう。

保険診療内で診てもらえる可能性があります。

脳卒中の前兆・TIAよりも、とにかく脳ドック

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

色々な症状が出てから脳ドックに行くのでは遅すぎます。

下手をすれば脳卒中の発作が
起きたら一発で死んでしまいますよ。

そうならないように今の元気だと思っている
うちに脳ドックに行くのをお勧めします。

例えば前兆にみまわれると、感覚障害、言語障害、
平衡感覚異常、頭痛などをおぼえますが、これが
起きて病院に行くのでは後に後遺症で苦しんだり、
リハビリに苦しんだりしなければいけません。

もちろん前兆が起こったら病院には
一刻も早く行ってください。

でも、普段は少しでも脳ドックの事を忘れ
ないようにして検査を受けるべきです。
全国各地

コメントを残す